« ベビースイミング | トップページ | 株主優待 »

2007年4月19日 (木)

119番

 生まれて初めて119番しました。

 るーくにお昼(鮭等を大根おろしで蒸した感じのヤツ)を与えてると、いきなり大泣きして大粒の涙を浮かべた。 ギョっとして右手人差し指を突っ込んだところ、そこに鮭の骨らしきモノが・・・ その後、口を閉ざして開けない。大粒の涙はボロボロでる。 耳鼻咽喉科に電話したところ、時間外のアナウンス。 小児科も時間外。 仕方がないので、119番した。
 症状を伝えて、最寄りの病院の電話番号を教えてもらう。 「救急車、必要ですか?」 って尋ねられたんだけど、その前の「息してますか?吐いてますか?えづいてますか?」どれにも当てはまらないから遠慮した。 病院に電話して今から行く旨えを伝える。
 タクシーを呼んで病院へ。途中、幹線を横切る信号待ちに。この時の信号待ちは長く感じた (実際に長いのですが)。救急車にすれば良かった、と何度も思った。救急車だったら信号も待たないし、治療も最優先らしい(だから呼ぶ人は簡単な怪我でも呼ぶそうだ)。でも、るーく、なんだか元気になってきた。
  病院に着いたら受付へ。手前の人は電話中で、手をあげただけで、電話を切る気配なし。奥に5人くらいいた人はこちらを無視。 イライラしてると、電話の人が奥の人に頼んで、奥から2人きた。 保険証や乳幼児医療証をみせて、カルテを作ってもらう。 印刷されたものには違う漢字が・・・名前を間違われて怒りプラス。この頃にはるーく、すっかり元気に。
 るーくは元気なので、耳鼻咽喉科の前で待たされる。 やっと順番がきたけど、骨は見つからなかった。 骨はどこかでひっかかってるか、消化されるらしい。 「カメラを飲んで探してもいいけど、うちのは大人用だから他に行った方が良い。」と言われる。 別件で喉にタンがからんだ感じになる時がある件を尋ねてみたら、それもカメラで調べなきゃいけないので「他へ」と言われる。 東京のたん吸引の必要な鈴花ちゃんと同じ病気か心配してる、って言ったら「鈴花ちゃんを知らないからわからない」って言われてしまった。ニュースを見てください。
 お会計をして病院を出ると、私、家用のボロカーディガンを着てる。 るーくの靴も抱っこ紐もなく、タクシー乗り場まで急いで行った。はずかしーっ。

 ものすごく反省です。るーくのあんな表情、初めてでした。大粒の涙。代われるもののなら代わってます。ごめんね。

|

« ベビースイミング | トップページ | 株主優待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベビースイミング | トップページ | 株主優待 »